hepatica -2- 天の衣
天の衣 学園の片隅、ひっそりと存在する図書室に本宮読子は居た。 そこが彼女の領域であり、いわば彼女の城とも言える場所だった。 壁際にくまなく設置された書架は、その質量でもって音を吸...
11月8日 14:42 / 表示:99 コメント:0
9048字(約18分)

 

コメント

小さな逢瀬の続編。 百合もの。
11月8日 14:42
リンク
埋め込み