文化祭の一幕
「嫌な天気ですわ」 目顔で一瞥し、那由多由良《なゆたゆら》は呟いた。 朝の予報では洗濯日和と出ていたはずだが、今は汚泥を吸った綿のように重たげな雲が高く連なっていた。ときおり不意打...
11月29日 20:10 / 表示:41 コメント:0
4883字(約9分)

 

コメント

リンク
埋め込み