春部里衣のどうにも落ち着かない年末
冬休みの帰省のため、駅へと歩いていたどうにも冴えない青年、召屋正行《めしやまさゆき》は、今後の人生を左右するであろう大事な岐路に立っていた。①この場から逃げる②警官をとりあえず呼...
17549字(約35分)

 

コメント

リンク
埋め込み