囚われの三文詩人
宮廷詩人の登用を判定する審査会で「不可」の評を受けてから、おれは諸国を放浪する旅に出た。夢破れたおのれをなぐさめるための逃避ではない。各地を巡って見聞を広め、霊感を養ってあらたな...
3月6日 21:26 / 表示:8 コメント:0
9667字(約19分)

 

コメント

ドラゴンは威厳ありながらも茶目っ気も持っている。そんな存在ではないでしょうか。
3月6日 21:26
リンク
埋め込み