「「海」コンペエントリー」の検索結果

【異能力研究者の、ある夏の数日】
異能力研究者の、ある夏の数日 その夜、私は仕事に一区切りつけ散歩に出かけた。 長時間のデスクワークに疲れたというのと、窓から吹き込む涼しい空気に誘われたという、二つの理由からだ。 ...
8月30日 19:21 / 表示:55 コメント:0
12547字(約25分)
 
【ある中華料理店店員の夏の悲劇】
日本にしては珍しく、湿気の少ないカラッとした夏の日。 空は突き抜けるように青くて、雲ひとつ無い。 盆を過ぎても相変わらず太陽は元気に地上へと光と熱をこれでもかと投下してくれている...
8月30日 17:51 / 表示:47 コメント:0
17192字(約34分)
 
【エイツ・オブ・シーハウス・サマーデイズ】
【エイツ・オブ・シーハウス・サマーデイズ】「俺にカレーを食わせろ!」 ————筋肉少女帯〈日本印度化計画〉      ※※※ 夏。照りつける日差し、焼けた肌。潮の匂い。「...
8月30日 14:16 / 表示:29 コメント:0
10656字(約21分)
 
部長は海が嫌い
盆を過ぎたら海に入るな、と父に言われたことがある。 もっとも記憶が確かなら、それは家族4人で来た海水浴場での言葉。私はまだ小学生に上がる前だったけれど、いざ海にまで来てそれはない...
8月30日 11:08 / 表示:39 コメント:0
5333字(約10分)
 
海辺にて
【海辺にて】「今日から私も中学生なのだ……」 季節はもう春だとはいえ、陽も昇り始めてまだ間もない早朝、しかも強い海風の吹きこむ浜辺はまだ肌寒く、少女は両手をコートのポケットに突っ...
8月30日 03:49 / 表示:34 コメント:0
5893字(約11分)
 
考える葦のデマルカシオン
独占欲とは、生物の本能の一つである。 例えば獣の群れの中で最も強いオスがメスを集めてハーレムを形成するように、自らが欲するものを独り占めしたいという心情は生物に広く見られるものだ...
8月30日 01:57 / 表示:59 コメント:0
7222字(約14分)
 
斗え! ゲッソー仮面
時坂祥吾は、間が悪い。 だが注意して欲しいのは、間が悪いのと運が悪い事や不幸な事とは似て非なることである、ということだ。 間が悪いというのは、つまりは「タイミングが悪い」という事...
8月28日 16:20 / 表示:32 コメント:0
6199字(約12分)
 
ある海での出来事の話 完全版
召屋正行《めしやまさゆき》と一応友人のイワン・カストロビッチ、松戸科学《まつどしながく》の三人は、踏むのが憚れるほど美しい純白の浜辺で、心が洗われるほどに青い海を体育座りをしながら...
8月26日 23:11 / 表示:32 コメント:0
11776字(約23分)
 
海の底からの呼び声
「話はこれで終わり、かな。それじゃみんな、いい夏休みを過ごしてねー」 起立、礼、着席。委員長の号令が、いつもより少しだけやる気が入っているように聞こえる。 夏休み前最終日のホームル...
8月25日 23:57 / 表示:65 コメント:0
14599字(約29分)
 
虚海
小波《さざなみ》の音と楽しげな笑い声を耳にしながら目を閉じると、まったく違う世界がぼくの周りに広がる。 論理空間に揺蕩《たゆた》う数値《データ》の海だ。 ぼくの異能は空中波のうち...
8月25日 23:22 / 表示:43 コメント:0
5402字(約10分)