「ケモノ」の検索結果

獅子獣人奴隷と竜人奴隷がイボつきアナルバイブで綱引き対決
「はぁ……はぁ……」 赤い鱗を持つ竜人の男が、何処か虚ろな目を宙へと向け、首輪につなげられた鎖で引かれるまま、四つん這いに歩いていた。 その白雉のような面持ちに反して、彼の体はまる...
12月14日 02:23 / 表示:836 コメント:0
3283字(約6分)
 
美女とオヤジな野獣
とうとう押し負けた。所謂賢者モードになった頭で例えようも無い罪悪感を受け止めながら、私は首を傾けて脇を見る。 毛皮に包まれた太い腕を枕に、すやすやと眠るのは、愛しい義娘、そして自...
12月14日 02:23 / 表示:317 コメント:0
972字(約1分)
 
邪気眼3
俺の名前はフォウ=カーレンリース。純白の毛並みを持つ狼獣人だ。 俺は、あの忌々しいキツネの燃えカスを踏みつけ、未だ燃え盛る邸宅を眺めていた。 大した思い入れも無いとは言え、自分が生...
12月14日 02:22 / 表示:112 コメント:0
7546字(約15分)
 
邪気眼2
俺の名はフォウ=カーレンリース。純白の毛皮を持つ狼獣人だ。どちらかといえば、普通と分類されるただの獣人——だった。 月の光に照らし出されながら、薄暗い路地裏に、人間の女と二人立ち尽...
12月14日 02:22 / 表示:69 コメント:0
4913字(約9分)
 
邪気眼
俺はフォウ=カーレンリース。狼獣人だ。まるで野生の獣のように、物音一つ立てる事無く路地裏を歩く様子は、まるで身を隠すようにも見えるが、そうではない。 俺は着きの光を反射し、美しく輝...
12月14日 02:21 / 表示:159 コメント:0
4726字(約9分)
 
獅子獣人と彼女 臨戦態勢 臆病な理性と獣の本能
夕暮れ時が迫ってきた。ライオンは車を運転しながら、助手席に座る人間の女性を、横目でチラチラと見る。 ここまでの道のりは完璧だ。朝早く待ち合わせして、お洒落なカフェで談笑しながら朝...
12月14日 01:43 / 表示:289 コメント:0
3902字(約7分)