「双葉学園」の検索結果

Resonance
|Resonance《レゾナンス》   1「真田《さなだ》さん、自殺しようとしたらしいね」 休日をまたいで風邪を引き、五日ぶりに教室へやってきた黒江繭《くろえまゆ》に、お喋り好...
10月27日 01:22 / 表示:55 コメント:0
11677字(約23分)
 
ブルーバード
いくつも積み上げられた吸い殻のタワーの前で、極楽島《ごくらくじま》虎彦《とらひこ》は繰り返し貧乏ゆすりをしていた。 顔に刻まれた深い皺とは正反対に、彼の目は青年のようにギ...
10月26日 21:48 / 表示:27 コメント:0
8315字(約16分)
 
ラッキーストライク
俺の友人である甲府《こうふ》守哉《もりや》は稀代の駄目人間だった。 あまり奴を知らないひとは、甲府のことを深刻ぶらない楽天主義者なんだと思っているようだが、正体はそんなものじゃな...
10月25日 19:47 / 表示:28 コメント:0
3685字(約7分)
 
とらいえっくす・ぷち その1
とらいえっくす・ぷち その1 乳の日「今日、私は一つ上の女に生まれ変わるの!」「…はあ」 強く拳を握り締め力説する結城《ゆうき》宮子《みやこ》に皆槻直《みなつきなお》は対照的な気...
7月15日 00:37 / 表示:32 コメント:0
6225字(約12分)
 
薔薇夫人
双葉区の郊外には薔薇屋敷と呼ばれる一階建ての洋館が建っています。 島が出来てから建造されたものだというのに、館は妙な古めかしさと威厳を感じさせ、中世の城を思わせるゴシック調のそれ...
8720字(約17分)
 
壊物機 第八話 後編 証明
——おまえはナマエからダメなんだよなー ——え? どうして、おねえちゃん ——そんなしにそうなナマエだからよわいんだ ——ひどいよー…… ——だからアタシがとびっきりツヨそうなナ...
11647字(約23分)
 
壊物機 第八話 前編
夜の街に無数の灯りが灯されている。 ここは合衆国、先進国の都市が人工の灯りで不夜城と化すのはおかしな事ではない。 しかし、この街のある一角に灯された光は、不安を織り交ぜて回る赤と...
6月30日 20:54 / 表示:24 コメント:0
11437字(約22分)
 
マグロ
地方での仕事を終えた俺は、愛すべき双葉島に帰るために△□駅に来た。 異能捜査課にいるとはいえ、俺みたいなただの平刑事が優遇されるはずもなく、捜査の帰りともなればテレポーターの支...
6月27日 17:59 / 表示:17 コメント:0
6994字(約13分)
 
【永遠の満月の方程式 -急-】
「……何のつもりじゃ?」 風そよぐ野原に凛とした少女の声が響いた。 双葉学園島南西部に位置する海岸の前、草原が広がる壁の前で七人の空気が凍りつく。 輝がリガルディーに渡された銃。そ...
20607字(約41分)
 
【招き猫の飼い主 第二話】
なんとか母親と妹からの質問攻めを誤魔化し通し、|福永《ふくなが》|幸助《こうすけ》は「まね子を送り届けに行く」と嘘をつき、彼女を連れて家を飛び出した。「——まね子……まね子かぁ」...
5月25日 16:53 / 表示:18 コメント:0
11262字(約22分)