「双葉学園」の検索結果

未来の双葉学園を想像する男
陸雄《りくお》は双葉区から離れた、とある海沿いの寒村に来ていた。 双葉大学でラルヴァ研究を学んでいる陸雄は、郷土妖怪譚や民話とラルヴァの関連性について研究レポートを書くために旅行...
3月26日 22:16 / 表示:16 コメント:0
6436字(約12分)
 
変身
絹を裂くような少女の悲鳴が夜の空にすいこまれていく。 双葉区の人気の無い廃工場区域の中を大宮《おおみや》律子《りつこ》は走り抜けていった。(——どうして?) どうして自分がこんな...
4739字(約9分)
 
超人Z
(これまでのあらすじ) 鬼怒川《きぬがわ》絶人《ぜっと》は改造人間ではない。 栃木県出身。 双葉学園高等部一年G組所属。 空手二段。 好きな食べ物は餃子としもつかれ。 座右の銘は...
5354字(約10分)
 
青の落日
0 わたしは母を失い、異能の力と異形の家族を得た。 あれは純然たる事故、第三者による加害も、異能もラルヴァも関係がなかった。 冬の休日。母と二人で遊園地に出かけた帰りだっ...
14381字(約28分)
 
永遠の満月の方程式 -序-
「月の軌道がずれ始めている?」「えぇ、肉眼では判らない程度ですが」 ここは双葉学園天文学部が存在する大学棟のある一室。 そこで星見空輝《ほしみぞらひかる》が月の観察をさせていた教え...
2月21日 01:21 / 表示:29 コメント:0
19537字(約39分)
 
ジュエル魚日和
極楽島《ごくらくじま》武郎《たけお》はある日一目惚れをした。 相手の女性は可愛らしい笑顔で接客をしていて、とっても優しそうな人柄が伝わってくる。子供たちに優しくするその姿を見て、...
1月26日 20:12 / 表示:27 コメント:0
11465字(約22分)
 
耳なしウサギの悲劇
可愛らしくまるまるとしたおいしそうな白いウサギさんは、おっかない山猫にねらわれていました。 山猫はウサギさんを食べてしまおうと、木の上から機会をうかがっています。「ああだめだ。こ...
1月24日 20:27 / 表示:27 コメント:0
4033字(約8分)
 
小池の畔で
極楽島《ごくらくじま》実篤《さねあつ》は恋多き男である。 長身で筋肉質の体格はまるでファッションモデルのようで、日本人離れした彫りの深い顔にはクマのような髭が生えている。それがま...
1月17日 21:31 / 表示:30 コメント:0
4397字(約8分)
 
ラルヴァと結婚した男(※オチ改変ver)
飯島は部下の田中からの相談を聞くために、仕事帰りに商店街のバーへと向かった。店は小さく客も少ないが、その分静かで二人で話すのには好都合であった。「一時間だけならいいさ。私も早く家...
1月16日 22:25 / 表示:26 コメント:0
2642字(約5分)
 
祝いのネックレス
「君は“言葉は心を映す鏡”って言葉を知っているかな?」 ええ知ってますよ。日頃の言動や所作はその人物の本質を如実に反映するってヤツですよね。 僕の目の前にいる男性は、不健康そうな青...
1月14日 16:08 / 表示:23 コメント:0
4799字(約9分)