「双葉学園」の検索結果

春部里衣の日常 そのれいてんご
春部里衣の日常 そのれいてんご 召屋正行は、その日の午後の授業を豪快にばっくれると、とりあえず、いきつけの喫茶店で好物のナポリタンを一心不乱に頬張っていた。 この、誰にも邪魔されな...
4875字(約9分)
 
怪物記 第三話
怪物記  白黒つけるぜ   ——ゼブラーマン 私と会長が隠れた商業区の路地裏の傍を数人の黒い生徒たちが駆けていく。「……行ったのか?」「行ったようだ」 我々は数千人の生徒に追...
10273字(約20分)
 
【カーチェイス・チェイサー】
双葉学園都市の外れにある、中央部までバスで1時間とかなり不便な立地に、ぽつんと小さな和風の庭付き一戸建てが建っている。 生垣はよく整備され、庭には小さいながらも家庭菜園で育てられて...
7408字(約14分)
 
縦書き時の注意点
縦書きの際の注意点その一 段落の頭について このように、文章の頭は必ず、全角で落として下さい。これは頂けません。 半角を使うこれもよろしくありません。 ただし、「」を使う場合は落とす...
1941字(約3分)
 
猫参り・弐
逢洲等華《あいすなどか》の学園生活は朝の構内巡回から始まる。風紀委員としての務めだ。 まず向かうべきは河川敷の小さな空き地だ。勤勉な学生が異能の訓練をするのにちょうど良い、狭くも...
7097字(約14分)
 
うれしかった日。或いは醒徒会乗っ取り未遂事件のこと
ある日の放課後、醒徒会室には微妙な空気が漂っていた。 現在部屋にいるのは二人、会長の藤神門御鈴と会計の成宮金太郎である。 ハッキリ言って金太郎は、この醒徒会長が苦手だった。ビジネ...
3267字(約6分)
 
【春部里衣の日常】
「さあ、決闘よっ!」 そう言って、目の前にいる大女は俺に指をビシィっとかざす。なんでこんなことになったのだろうと、思うが、原因は一つしかない。 有葉千乃《あるはちの》だ。 数学教師...
2409字(約4分)
 
早瀬速人は存在しない
早瀬《はやせ》速人《はやと》は醒徒会《せいとかい》役員である。 役職は庶務。むしろ庶務というよりは雑用に近いかもしれない。 自らの能力である加速能力を生かし、日々学園を走り回り、...
5664字(約11分)
 
召屋正行のささやかな日常はこうして壊れた 修正版
召屋正行のささやかな日常はこうして壊れた 通達 二年C組 召屋正行(めしや まさゆき) 二年H組 有葉千乃(あるは ちの) 両名は、本日十六時に第七進路指導室に出向くこと 数学担当 ...
19692字(約39分)
 
I X D
I X D 突きつけられた銃口に、少年の表情筋が引きつった。「……お、お前らの仕事は怪物《ラルヴア》退治だろう! なんでおれたちが撃たれなきゃいけないんだ!?」「ここは...
14529字(約29分)