「双葉学園」の検索結果

托卵
「なんて気持ちのいい風なのかしら」 夏目《なつめ》晶子《あきこ》は学校の帰り道、夕日の下を散歩していた。 暑い夏が終わり夕方になると涼しげな風が彼女の長い黒髪を揺らし、頬を撫でてい...
9月13日 17:05 / 表示:25 コメント:0
4915字(約9分)
 
異能力研究室の補講
異能力研究室の補講※この話は『異能力研究室』シリーズをシェアさせて頂いた、一周年企画コンペ作となります。この場を借りて、シェアを快諾くださった作者様へお礼を申し上げます。 201...
4963字(約9分)
 
HERO SAGA  下
『あれは助けてもらったってことでいいんだよな…?』 仁は周囲を警戒しつつ誰もいない街路を走り抜けていた。 まだ身体の節々に鈍い痛みが残っているが、動くのに支障があるほどではない。F...
15267字(約30分)
 
HERO SAGA  上
*はじめに* まずは私の申し出を快く了承してくれたガナあきこと改造仁間—カイゾウニンゲン— シリーズの作者に心からの感謝を申し上げます。 この作品は一周年イベントの企画の一つとして...
12487字(約24分)
 
藤沢君の非合理的強奪
人生の岐路はいくつかある。進学や就職、恋の告白、人との別れや新たな出会い……そういった有り余る選択肢をどう選ぶのかは、今後の生き方を決める上でも重要なターニングポイントとなる。 ...
9743字(約19分)
 
花火ロボ大決戦!
花火ロボ大決戦! 夏。それは暑い季節。 その暑さは熱となって空を満たし、地に住まう人々に染み入り心を沸き立たせる。 夏。それは心燃える人々の季節。 そして、普段は工房にこも...
8月29日 00:53 / 表示:24 コメント:0
7415字(約14分)
 
夜空に咲いては散る花火のように
『夜空に咲いては散る花火のように』 照りつける太陽と騒がしい蝉の合唱の中、僕は学校帰りいつもの道を自転車で走っていた。 道はアスファルトで舗装された道路を外れ、畑の中の畦道のよう...
8月28日 01:52 / 表示:19 コメント:0
9903字(約19分)
 
リリィ
藤山《ふじやま》博士はロボットを作った。 超科学異能者である彼は、五十年の歳月を経てとうとう人間に限りなく近いロボットを作り上げたのだ。 幼くして亡くなった自分の娘をモデルにした...
8月25日 02:49 / 表示:13 コメント:0
2926字(約5分)
 
異界交渉人
私、もう疲れちゃった。 雑居ビルの屋上に立ち、少女はそう考える。 何に疲れたのか。簡単な話だ。生きることに疲れ、この世界に絶望した、ただそれだけのよくある話である。 母親は狂った...
8月24日 18:30 / 表示:21 コメント:0
4555字(約9分)
 
俺の彼女の胸が大きくなったよ!
俺が付き合っている女の子、留美子《るみこ》ちゃんのおっぱいが大きくなっていた。「どうしたのゆーくん。どうかした?」 留美子ちゃんはソフトクリームをぺろぺろと食べながら首をかしげる...
8月23日 22:59 / 表示:28 コメント:0
4079字(約8分)